資料の貸出

資料とICカード(学生証/職員証/ライブラリーカード)をご用意のうえ、自動貸出機にてお手続きください。混み合っている場合や手続きがうまくできない場合などは、スタッフへお声掛けください。

 教職員・大学院生など
  冊数期限 
 図書 10冊 2週間
 製本雑誌 10冊 1日

 学生
  冊数期限 
 図書 5冊 2週間
 

資料の返却

・開館中はカウンターへ、閉館時は「ブックポスト」へご返却ください。借りた校舎に限らず、本学のすべての図書館で返却可能です。
・借り出した資料は、決められた期限までに必ず返却してください。返却期限日を過ぎると資料を新たに借りることができませんのでご注意ください。
・返却期限日が近づく、または過ぎるとメールで通知されます。
 

資料の貸出延長

返却期限よりさらに続けて資料を借りたい場合、貸出期間内であれば2回まで貸出期間を延長できます。

なお、下記に該当する場合は延長できませんので、図書は一旦返却してください。

    ・予約が入っている場合
    ・更新回数の上限(2回)に達している場合
    ・返却期限日を過ぎてしまった場合

延長手順

    ・TDCアカウントをお持ちの方:
     図書館ホームページから延長手続きが可能です。マニュアルをご参照ください。
     
     延長手続きマニュアル

    ・TDCアカウントをお持ちでない方:
     メールフォームにて延長希望の旨ご連絡ください。
     
     お問い合わせフォーム


 

資料の予約

貸出中、製本中等で目的の資料がすぐに借りられない場合は、その資料を予約することができます。「図書予約申込書」を記入し、カウンターで予約手続きを行ってください。貸出が可能になりましたらご連絡いたします。予約資料はご連絡後、カウンターにて1週間保管します。
 

資料の紛失

借りた資料を紛失した場合は、至急図書館に連絡してください。同一資料を弁償していただきます。
 

借りられない資料

・禁帯出ラベルが貼ってある参考資料
・展示中の新着雑誌
・当日付けの新聞
・貴重図書
・その他特に指定したもの

以上の資料は図書館内でのご利用をお願いします。
 

資料の複写

カウンター横の複写機では、著作権法第31条(図書館等における複製)の適用範囲内で、当館所蔵の資料に限り、複写することができます。

著作権法が認める複写の範囲

複写目的:調査 研究
複写範囲:図書の場合
著作物の一部分(半分以下。ただし、著者の異なる複数の著作物により一冊を形成しているものは、各々の著作物の半分以下)
複写範囲:雑誌・新聞の場合
最新号の場合は、個々の著作物(論文)の一部(半分以下)。次号が発行されるなど発行後相当期間経過したものは、個々の著作物(論文)の全部。
複写枚数:一人につき一部