東京歯科大学学術機関リポジトリ : IRUCAA@TDCとは?

東京歯科大学で生産された学術研究成果を、電子的な形態で累積的かつ永続的に保存し、インターネットで誰でもアクセス可能にするものです。大学にとっては、社会に対する説明責任を果たすと共に、研究者にとっては研究成果の可視性向上につながります。

歯科大学の機関リポジトリとしては世界ではじめて正式に公開しました。

IRUCAA@TDC

Institutional Resources for Unique Collection and Academic Archives at Tokyo Dental CollegeからIRUCAA@TDCと命名しています。

オープンにアクセス可能な論文は、そうでない論文に比較して被引用数が増加します。

 

東京歯科大学オープンアクセス方針

東京歯科大学は平成28年4月12日に「東京歯科大学オープンアクセス方針」を採択しました。

東京歯科大学で生産された学術成果について、東京歯科大学学術機関リポジトリによってインターネットに原則公開することを著者の義務とするものです。


  • 東京歯科大学学術機関リポジトリ
  • 科学技術基本計画
  • 国際的動向を踏まえたオープンサイエンスに関する検討会
  • 学術情報のオープン化の推進について(審議まとめ)
  •  

    いるか飼育日記

    リポジトリへの論文の登録状況やリポジトリに関するトピックを掲載しています。